HOME > 次世代育成支援行動計画
HOME

環境・品質への取り組み

三菱ふそうバス製造株式会社の第4次行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ,社員全員が働きやすい環境をつくることによって,その能力を十分に発揮できるようにするため,次のように行動計画を策定する。
なお,第4次計画の期間は3年とし,次世代育成支援対策推進法の趣旨を踏まえた職場環境改善に取り組む。

計画期間

2014年1月1日 〜 2016年12月31日までの3年間

目標及び対策

(1)子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境整備

対策項目 実施目途

①育児休業を取得しやすく,職場復帰しやすい環境の整備

労働者の育児休業中における労働条件に関する事項を労働者に引続き周知するとともに,育児休業を取得しやすい体制つくりに努める。
2014年1月〜

②子どもを育てる労働者が利用できる措置の実施

小学校就学前の子を養育する労働者に対して,所定外労働の免除及び短時間勤務制度の適用を引続き実施していく。
2014年1月〜

(2)働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備

対策項目 実施目途

①リフレッシュ休暇(3日連続休暇)取得推進の継続

全社員を対象に具体的運営要領を啓蒙し,計画的な取得推進を図り,100%の取得率を目指す。
2014年1月〜

(3)その他の次世代育成支援対策

対策項目 実施目途

①家族工場見学会の継続実施

従業員のこども(家族)を対象に工場見学会を定期的(1回/年)に実施し,保護者の働いているところを見せられるようにする。
また,見学コースの整備に取組む。
2014年9月〜
このページの先頭に戻る